本文へスキップ

大阪府枚方市にある[痛み・シビレ・自律神経失調症]専門の鍼灸院。枚方市。高槻市。交野市。寝屋川市。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.072-845-4560

〒573-0056 大阪府枚方市桜町13-4

自律神経失調症の治療

自律神経とは

自律神経は自分の意思でコントロールできない心臓や血管、胃腸等の働き、汗や涙等の分泌物の排出、体温調節などの様々な活動を制御する事で、常に私達の身体をその場の環境、心の状況に合わせ最適な状態に維持しようと自動で働いています。

自律神経は交感神経と副交感神経の二つに分けられます。

・交感神経は活動中や緊張する場面に優位となります。
・副交感神経は睡眠中やリラックスする場面に優位となります。

この二つの神経はお互いの作用が相反しあっており状況に合わせバランスよく保たれる事で私達の健康は保たれています。





自律神経の失調(乱れ)とは


交感神経と副交感神経、この二つの神経のバランスが乱れることを自律神経の失調と呼びます。
自律神経は自分の意思で制御できません。
自分の置かれた環境や状況・心理状態により自動で制御される為、失調してしまうと自分ではどうしようもない症状が現れます。

眠れない、休んでいても疲れが取れない、いつも身体がだるい、動悸、呼吸がしにくい、便秘や下痢、手足の冷え、のぼせ、生理不順、更年期障害などの身体に関するものから不安感、パニック発作、気分が落ち込む(抑うつ症状)などの精神的なものまで・・・

これらは一部の例にすぎません。実に多岐にわたる症状があります。

一見それぞれの症状は繋がりがないように思えますが、元を辿れば自律神経のバランスが乱れていることが原因となっている場合が多いのです。

そして現れる症状や、症状の数、程度の強弱は個人によって大きく差があります。
検査しても原因がわからない為、これらをまとめて
不定愁訴と呼ばれています。


失調の原因について

現代の社会は様々なストレスや運動不足、デスクワークの増加、不規則な生活習慣などにより自律神経のバランスが乱れてしまう方が多くなりました。
失調する原因の一つとして心身の疲れや緊張があります。

身体の疲れや緊張が持続し力が抜けない状態になってしまうと休んでいても疲れがとれにくくなります。解消されないままの生活を続ける事で、さらに緊張が強まり自律神経の乱れが現れると考えられます。

自律神経の乱れが原因とみられる症状は軽度なものを含めば非常に多くの方にみられます。しかし症状が軽い場合ほとんどの方は、年齢・体質・性格などの問題ぐらいにしか思っていません。また気にはしていてもどこで治療すれば良いかわからない方もたくさんおられます。

このように自律神経の失調による影響がみられても実際に治療や予防をされている方は非常に少ないのが現状です。

心身の疲れや緊張⇔自律神経の失調のループが長期間続く事で場合によっては症状が強くなり日常生活に支障がでる方も多数おられます。



当院が行う自律神経失調症の治療について


自律神経失調症と診断される多くの方は、いくら病院で検査しても原因がわからずストレス、心の問題、疲れ、体質などが原因とされる事が多いです。
これといった病変部が無いので治療する所が無く、症状を抑える為の薬物による対処療法が主に行われています。

そんな自律神経失調症に対して当院が何に対して何をするのか簡単にご説明します。

当院の自律神経失調症治療は次の考え方から成り立っています。

筋膜の緊張が自律神経の正常な活動を妨げる。(自律神経失調症)
筋膜の緊張自体が原因不明の症状を出している。(自律神経失調症モドキ)

※自律神経失調症モドキというのは当院が勝手に呼んでいます。単に筋膜に形成されたトリガーポイント(知覚過敏)が原因不明の症状を出している自律神経失調症ではないケースです。

当院では自律神経失調症や自律神経失調症モドキの病変部にあたるのは筋膜と考えています。
ですので自律神経の正常な活動を妨げる筋膜の緊張を緩和したり、症状の引き金になっているトリガーポイントを探し出し鍼や筋膜リリースにて治療します。
※筋膜については【筋膜とは】をどうぞ。

特に問題となる部位としては首と背中、お腹周りの筋膜です。
筋膜の緊張が強すぎる方、姿勢が悪すぎる方、治療になれていない方、刺激に過敏になっている方などは全身から徐々に緩めていく必要があります。

多くの医療機関では筋膜の緊張が自律神経を失調させると考えないため、問題視されることなく放置されています。その穴を埋める治療を当院は行っています。

心の問題、ストレスがあるから、長年の体質だからと思っている方・・・
それって本当にそうなのでしょうか?
もしかすると筋肉(筋膜)の緊張が関係しているかもしれません。

※筋肉に緊張があってもコリや違和感、つっ張り感などの自覚がない方もおられます。

自律神経が関与する症例

睡眠障害(不眠や眠りが浅いetc)、めまい、耳鳴り、動悸、息切れ、喉の違和感、
便通異常(便秘や下痢体質etc)、胃の痛み、食欲不振、お腹の張り、過敏性腸症候群、

だるさ(倦怠感)、疲れやすい、高血圧、低血圧、冷え性、汗かき、生理不順、生理痛、
更年期障害、抑うつ症状、頚性神経筋症候群(CNMS)など