本文へスキップ

大阪府枚方市にある[痛み・シビレ・自律神経失調症]専門の鍼灸院。枚方市。高槻市。交野市。寝屋川市。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.072-845-4560

〒573-0056 大阪府枚方市桜町13-4

鍼灸について

鍼灸(しんきゅう)って何?

鍼(はり)=針。灸(きゅう)はもぐさを乾燥させたもので合わせて鍼灸と言います。

一般的には東洋医学に基づいて脈や舌、腹などを診て身体の状態を調べ、鍼や灸を経穴(ツボ)に用いて心身を健康にするといったものです。

鍼灸の生まれは古代の中国で海を越えて日本に伝わった伝統医学の一つです。

現在は世界各国に広まりアメリカやヨーロッパなど世界中で行われており

その効能はWHO(世界保健機関)でも多くの疾患に効果があると認められています。

近年は心身の健康だけでなく美容としても注目され、女性週刊誌などでもよく話題になっています。



鍼灸って何に効くの?? 

WHO(世界保健機関)が鍼灸の効果を認めているのは次のものがあります。

神経系疾患   
神経痛神経麻痺痙攣脳卒中後遺症自律神経失調症頭痛めまい不眠神経症ノイローゼヒステリー
運動器系疾患
関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群頚椎捻挫後遺症五十肩腱鞘炎腰痛外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)
循環器系疾患
心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症動悸息切れ
呼吸器系疾患
気管支炎・喘息風邪および予防
消化器系疾患
胃腸病胃炎消化不良、胃下垂、胃酸過多下痢便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾
代謝内分秘系疾患
バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血
生殖泌尿器系疾患
膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎
婦人科系疾患
更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛月経不順冷え性・血の道・不妊
耳鼻咽喉科系疾患
中耳炎・耳鳴難聴メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎
眼科系疾患
眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目かすみ目・ものもらい
小児科疾患
小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善
※たくさんありますが当院の治療対象である項目を赤字にしています。
当院は上記の他に肩こり腰痛膝痛などありふれた症状からギックリ腰寝違えなどの急性痛。ヘルニア坐骨神経痛など。運動器の様々な痛みシビレから、自律神経が関与する不定愁訴の改善を最も得意としております。


当院の鍼灸治療について

当院は「鍼灸って何?」でご紹介した東洋医学による鍼灸治療ではありません
あくまで鍼灸治療の一般的なケースを簡単ではございますがご紹介しました。
鍼灸は様々な手法や治療概念があり鍼灸師によっては全く違った治療法にもなります。

当院の場合は現代医学に基づいたトリガーポイント鍼療法と筋膜リリースにて治療しています。東洋医学の要素は一切ありません。お灸もしておりません。

トリガーポイントについて詳しくは 【トリガーポイントとは】 をご覧ください。
筋膜リリースについては【筋膜とは】をご覧ください。

鍼をするとどうなるの?

鍼をすると下記のような効果があります。当院はこれらの効果を利用しさらに応用することで様々な症状を治療します。

・トリガーポイント(痛覚過敏点)、責任トリガーポイント(痛みの原因)を消失させる。
・凝り固まった筋肉(筋膜)を緩め血行を良くする。
・組織に微細な傷を与えることによって自然治癒力を誘導し再構築を促す。

鍼は容易に体内を貫通でき手の届かない深部の病巣まで直接物理刺激を与えられる数少ない道具です。当院はこの長所を活用し上記の効果を得ることで様々な症状の改善に取り組んでいます。