本文へスキップ

大阪府枚方市にある”痛み・しびれ・自律神経失調症”専門の鍼灸院。枚方市。高槻市。交野市。寝屋川市。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.072-845-4560

〒573-0056 大阪府枚方市桜町13-4

自律神経失調症について

自律神経とは


自律神経は自分の意思でコントロールできない心臓や血管、胃腸等の働き、汗や涙等の分泌物の排出、体温調整など様々な活動を制御する事で、常に私達の身体をその場の環境、心の状況に合わせて最適な状態に維持しようと自動で調節してくれています。

例えば・・・
運動すると心拍数や血圧が上昇します。逆にリラックスしていると下降します。
このような変動は自分の意思で自由に上げたり下げたりしている訳ではなく、自律神経が状況に合わせて自動で変動してくれています。

自律神経は”交感神経”と”副交感神経”の二つに分けられます。

・交感神経は活動や緊張する場面で優位となります。
・副交感神経は睡眠中やリラックスする場面に優位となります。

二つの神経はお互いの作用がほぼ相反しており自分が置かれた環境や状況に合わせバランスよく保たれているのです。



自律神経の失調(乱れ)とは


交感神経と副交感神経、この二つの神経のバランスが乱れることを自律神経の失調(乱れ)と呼びます。
自律神経は自分の意思で制御できません。
自分の置かれた環境や状況・心理状態により自動で制御される為、失調してしまうと自分では止める事ができない、どうしようもない症状が現れます。

眠れない、休んでいても疲れが癒されない、身体が重くだるい、理由もないのに動機がする。息苦しい、便秘や下痢、冷え、のぼせ、多汗、体温の変動が激しい、生理不順、更年期障害などの身体に関するものから、不安感、パニック発作、気分が晴れない落ち込む(抑うつ)といった精神的な症状まで・・・

これらは一部の例に過ぎません。実に多岐にわたる症状があります。

一見それぞれの症状は繋がりがないように思えますが、元を辿れば自律神経が失調している事が原因となっている場合が多いのです。

そして現れる症状や数、程度の強弱は個人によって大きく差があります。

検査しても原因がわからないため、これらをまとめて”不定愁訴”と呼んでいます。

失調の原因について


一般的には不規則な生活習慣や精神的ストレスやショック、ホルモンバランスの乱れ、運動不足など様々な原因が挙げられています。

当院では運動不足・過剰な筋トレ・不良姿勢・療養による長期間の安静・強い衝撃(交通事故やスポーツ衝突)を受ける等によって、筋膜が硬化(筋肉のコリ)して直接または間接的に自律神経が失調しているケースが多いと考えております。

筋膜が硬化すると身体の力が抜けなくなり無意識でも緊張状態が持続するようになります。すると少しの刺激に足して過剰に反応したり、休んでいても緊張がとれず疲れが癒されなくなります。そんな日々を知らず知らず続けているうちに自律神経は緊張と緩和のメリハリを失い次第に乱れの波が大きくなり失調します。

自律神経の失調がが原因とみられる症状は軽度なものも含めば非常い多くの方にみられます。しかし症状が軽い場合ほとんどの方は、年齢、体質、性格などの問題ぐらいにしか思っていません。また気にはしていてもどこで治療すれば良いかわからないままの方はたくさんおられます。

このように自律神経の失調による影響がみられ始めても実際に治療や予防等の対処されている方は非常に少ないが現状です。

当院が行う自律神経失調症の治療について


自律神経失調症と診断される方の多くは、病院で検査しても原因がわからずストレス、心の問題、疲労、体質などが原因とされる事が多いです。

というのも大抵はこれといった病変部がみつからないので治療する所そのものが無く、症状を抑える為の薬物による対症療法が主に行われています。

そんな病院(現代医学)でも難しい自律神経失調症に対して鍼灸院である当院が何に対して何をするのかを簡単にご説明します。

当院の自律神経失調症治療は次の考えから成り立っています。

・筋膜の硬化が自律神経の正常な活動を妨げる。(リアル自律神経失調症)
・筋膜の硬化そのものが原因不明の症状を出している。(自律神経もどき)

※筋膜の硬化=筋肉のコリ(硬い部分)と思って下さい。

※”自律神経失調症もどき”というのは当院が勝手に呼んでいます。単に筋膜に形成されたトリガーポイント(知覚過敏)が原因不明の症状を放出している真の自律神経失調症ではないケースです。

ようは当院では”リアル自律神経失調症”や”もどき”の病変部にあたるのはどちらも筋膜と考えています。

ですので施術は自律神経の正常な活動を妨げる筋膜の硬化を柔らかくしたり、症状の発信源となるトリガーポイントを探し出し、その温床となっている筋膜を柔らかくして改善を狙います。

※筋膜については【筋膜とは】をどうぞ。

徳の問題となる部位は首です。
簡単に言うと”首の筋肉のコリが自律神経を失調させる”と当院は考えています。
次に背中やお腹周りの筋膜となります。

筋膜の硬化が強い方、姿勢が悪すぎる方、施術に慣れていない方、刺激に過敏になている方などは周囲から少しづつ緩めていく必要があります。

多くの医療機関では筋膜の硬化が自律神経を失調させる要因の一つとは考えないため、問題視されることなく放置されています。その穴を埋める治療を当院は行っています。

心の問題、ストレスがあるから、長年の体質だからと思っている方・・・
もしかすると筋膜の硬化が関係しているかもしれません。

自律神経失調症or失調症もどきの症例


睡眠障害(寝付きが悪い浅い目覚める)、めまい、耳鳴り、耳閉感、耳が痒い痛い、動機、息切れ、喉の異物感、咳が止まらない、ドライマウス、眼精疲労、鼻の詰まり感、便通異常(便秘や下痢、過敏性腸症候群)、逆流性食道炎、胃もたれ、食欲不振、げっぷ、吐き気、ガスがたまったようなお腹の張り、腹痛、便意があるのに出ない、下腹部の気持ち悪さ、酷い生理痛、膀胱炎、だるさ(疲労感・倦怠感)、冷え性、のぼせ、多汗、更年期障害、抑うつ症状、変なところが痛い・気持ち悪い、頚性神経筋症候群(CNMS)など。


shijutsu.htmlへのリンク