本文へスキップ

大阪府枚方市にある[痛み・シビレ・自律神経失調症]専門の鍼灸院。枚方市。高槻市。交野市。寝屋川市。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.072-845-4560

〒573-0056 大阪府枚方市桜町13-4

筋膜について

筋膜とは

筋膜は筋肉や内臓、骨など体内の様々な器官を包ん込んでいる膜状の組織です。

ストッキングのように伸び縮みする薄い膜で全身のいたる所に存在します。

筋肉を包み込むことによって筋力を収束し効率を良くしたり、骨や内臓を結びつけバラバラにならないよう位置づけて形作ったり、外部から身体を守る防御壁の役目など様々な役割があります。

最近までほとんど注目されなかった筋膜ですが、最近の医学界ではその重要性が認められ一部の医療関係者ではすでに臨床に取り入れられています。

筋膜が癒着すると

本来は滑らかで柔らかい筋膜ですが、癒着して縮むと硬くなり伸びなくなります。

硬く伸びなくなってしまった筋膜は、あらゆる動作の妨げとなり筋肉は余計な負担を強いられ疲れやすくなります。(サイドブレーキを上げたまま車を走らすようなもの。)

同時に血流も悪くなり栄養補給が滞り老廃物が徐々に蓄積します。やがて自然治癒力が本来の能力を発揮できず回復が追いつかなくなります。
その結果トリガーポイント(痛覚過敏・異常感覚)が形成され様々な痛みやシビレ、さまざまな不調の原因となります。

また全身を包む筋膜が縮むことにより身体は締め付けられリラックスできず緊張状態が続いてしまう事で自律神経が乱れる要因になります

ようするに筋膜が癒着すると・・・
疲れやすい痛みやすい回復が遅い休めない自律神経が乱れやすい身体になる訳です。

逆に言えば筋膜の癒着が少なく良く伸びる状態であれば、様々な不調を予防でき健康な日々を送りやすいという事になります。


癒着する原因

一番関係が深いのは運動不足です。

筋膜は基本的にジッとしている時間が長かったり、小さな動作しかしない生活を送っていると癒着して縮みます。(無理な筋トレや運動でも癒着する場合もあります。)
毎日少しづつ癒着が広がって、いつの間にか身体の柔軟性は低下し関節可動域が狭く
なります。そして日々の動作が小さくなりさらに癒着が広がる悪循環を起こします。

例え仕事や家事などで毎日身体を動かしていると言っても各関節を大きく広げるような動作をしていなければ筋膜は伸ばされることなく癒着して硬くなります。

便利な世の中になっても人体の構造は昔と変わりありません。
人間は動くことで正常に機能するよう設計された動物ですから運動量が減ればその分しわ寄せがあります。その一つが筋膜の癒着だと当院は考えています。


筋膜を柔らかくするために

日々の予防としては全身の各関節を最大限までしっかり伸ばすこと、日常では普段しない動きやポーズを積極的に行うことで筋膜の癒着をある程度防ぐことが出来ます。

すでに長年かけて蓄積してしまった強固な癒着や、深部までビッシリ広がってしまった癒着は普通に伸ばしても解消するのは難しく外部からの手助けが必要となります。

当院での手助けは『
筋膜リリース』と『』の二つです。

・筋膜リリースは普通のストレッチでは伸ばせない頑固な癒着を両手または道具を使ってピンポイントで伸ばす手技です。比較的表層の筋膜の癒着を剥がすのに適しており鍼治療の痛みを軽減するのにも役立ちます。

・深くまで根を張った癒着に対しては鍼治療が適します。ステンレス製の頑丈さと髪の毛程の細さによるしなやかさにより手の届かない深部の癒着を直接刺激して緩めることが可能です。※鍼灸院によって鍼の使用方法と目的は異なります。

この二つを駆使して当院では頑固な癒着を剥がし元の柔らかい筋膜を取り戻す治療を行っています。